交通事故における弁護士の必要性

保険会社任せは損をする!?

交通事故の被害に遭った際、任意保険に加入しているのならば、その保険会社に示談の事を任せている人は多いのではないかと思います。
それが悪いとは言いませんが、少なからず損をしていると言えます。
交通事故の慰謝料には3つの査定基準があります。

交通事故における査定基準

3つの査定基準とは、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準です。
実は、損害賠償額は、この3つの査定基準で大きく違ってくるのです。
自賠責基準は自賠責保険が定めた査定基準です。
自賠責保険は、ある意味、最低限の補償しかしない保険ですので、それをもととする自賠責基準は、3つの査定基準の中で最も低い金額となります。
任意保険基準は保険会社が定める査定基準であり、保険会社に示談を代行してもらった場合に適用される査定基準です。

査定基準は各保険会社によって異なります

金額は通常、自賠責基準よりも高くなっています。
但し、自賠責基準と大して変わらない場合もあります。
何故なら、保険会社は営利企業だからです。
つまり、保険会社の利益が何より優先されますから、必ずしも高い金額という訳ではないのです。

弁護士は最高額の査定基準を適用する

裁判基準は、過去の裁判事例で判決した金額を参考にして定める査定基準です。
3つの査定基準の中では最も高い金額となります。
自賠責基準に比べると、2~3倍の金額になる場合もあります。
ただ、裁判基準は、弁護士による計算が必要となります。
つまり、弁護士に依頼する必要があるのです。
そうなると、費用の問題が新たに発生してしまいます。
しかし、無料相談を受け付けているところは多くありますし、成果報酬(後払い)にしているところも多くあります。
また、任意保険には弁護士費用特約がある保険がありますので、それを付けていれば費用は保険会社が支払う事になりますから、費用の事を心配する必要はないのです。