交通事故の示談は決して焦らず即決しない事

示談を軽はずみに行ってはいけない

交通事故は、悲惨です。
警察を間に挟んだとしても、基本的に民事不介入ですから、後は、保険屋さん同士でとか、お互いに話し合って示談で、という風になりがちだからです。
警察が解決してくれない以上は、示談というのも交通事故の解決策の一つと言えます。
ただ、その時の条件にはこだわった方が良いと思います。

加害者と保険会社のいいなりにならない

事故の加害者は、出来る限り安く済むように、事故の被害者は出来る限り高くお金を取れるようにする傾向はさけられません。
 弁護士のように法的な知識が高い人であればそれほど問題では無いかもしれませんが、法の専門家以外であれば、どうしても被害者側の要求が強く通ってしまう事は避けきれないからです。
法外なお金を請求された、加害者である負い目から受け入れざるをえなかった。
そうなってしまっては、いけません。

当たり屋の可能性もあります

悪質な当たり屋も、過去には交通事故では存在していました。
今でも、そのような悪質な当たり屋で生計を立てている輩も全く居ないとは限りません。
泣き寝入りしない、お金で何でも解決しようとしない。
そういう姿勢が、加害者側にも求められます。

法律知識の有無が金額の査定に大きく影響します

示談に持ち込む時は、ある程度の法的知識を持った、保険屋さんを仲介し、法的なアドバイスを貰いながら話を進めていく事を推奨します。
保険屋であれば、特に、どちら側についてもメリットもデメリットも発生しない、事務的に事を進めるだけだからです。
悲惨な事故、その後の、話し合いがまた拗れてさらに悲惨な結末に。
そうならない為にも、最初から、最後まで、加害者と被害者の間に保険屋さんを挟んでの話し合い、出来る限り感情を抑えた話し合いがもたれるべきです。
特に、加害者側は、事前に保険屋さんとの話し合いで、ある程度の事故の落としどころを決めておくと良いでしょう。
これは、被害者側にも言える事で、事故には相場が当然ありますので、もらえるべき保障の上限をある程度事前に知るという意味でも重要になります。