法律相談が必要な交通事故は専門弁護士に相談

改めて交通事故について考える

いざというときに備えて考えておきましょう

人間は社会を作って生きる動物です。
日々会社に通勤したり、学校に通ったりと個々の家庭以外の集団に関わって生きていく必要があります。
また会社や学校に行かない主婦や年金生活を送っておられる人々も衣・食・住、特に食事面で買い物の為に外出する必要があります。
そのような意味で誰でも突発的に遭う可能性があるのが交通事故です。
車を運転している時に他の車に接触してしまった、歩行中にバイクにひかれてしまった等といった場面に遭遇して誰でも混乱してしまうと思いますが、下記の三点について是非頭に入れておいて下さい。

交通事故で必要な手続き

警察への届け出

一点目として警察への届けです。
事故を引き起こしてしまった加害者からの報告義務はもちろんですが、被害者が届けを出す事も必要です。
怪我をしてしまった時は「人身扱い」の届け出をしなければなりませんし、相手への仮渡金の請求時に必要な交通事故証明書の交付を自動車安全運転センターから受けて下さい。
そしていざというときに活躍するのが、交通事故を専門に扱う交通事故専門弁護士です。
こちらへの御相談も忘れずに。

加害者の確認

二点目として加害者の確認をする事です。
加害者の住所・氏名・連絡先・加害者の加入する自賠責保険、自動車保険の会社名、証明書番号・加害車両の登録番号を必ず確認して下さい。
また仕事中に事故を発生させれば運転者だけでなく、雇い主も賠償責任を問われる可能性がありますので加害者の勤務先や住所、連絡先・雇い主名も確認事項として必要です。

目撃者の確保

三点目として目撃者の確保・記録です。
加害者側と万が一トラブルになってしまった場合に有用となりますので、もし通行人で事故の目撃をされた方がいたらその証言を控えておいて下さい。
また氏名・連絡先を確認しておき、万が一の場合は証人になってもらう可能性が有る事を伝えておきましょう。
そして事故直後に現場の見取り図・事故の経過・写真を残しておいて下さい。
どんなに記憶に自信がある方でもどんどんそれは薄れていってしまう為、現場の状況をはっきりと覚えているうちに記録に残し、賠償交渉終了時までは少なくとも保管をして下さい。

交通事故は油断が招く

全体的な確率から見れば、交通事故に巻き込まれる可能性は極めて少ないと言えます。
しかし誰でも社会生活を送っている以上は、そのようなアクシデントに遭遇する可能性が毎日に潜んでいます。
「自分は大丈夫だろう」と思い込まず、上記の三点を頭に入れて万が一軽傷でも怪我を負ってしまった場合、医師の診断を受ける事を忘れない様にしておいて下さい。

新しい投稿記事